洋菓子のチョコレートも、日本の名ショコラティエの手にかかれば、“和の味”漂う「ジャポニズムチョコ」に大変身。今回は、厳選の品を3つご紹介いたします。ホテル雅叙園東京パティスリー「栞杏1928」/手毬チョコ糸や絹の質感まで表現された、飾っておきたくなるようなチョコは、昨秋ホテル内に誕生した、和がテーマのパティスリーの意欲作。小さな毬は抹茶、大きな毬はガナッシュクリームで、中に入ったヘーゼルナッツのクランブルがおいしいんです。¥3,000。3日前までに要予約。 全文
ananweb 01月14日11時00分

Source: Peachy[ピーチィ]